2016-03-09
  • ブログ
  • 夫が家族写真を撮ると良い3つの効果


    1

    夫が家族写真を撮ると家庭に良い効果がある3つのことを記載します。

    株式会社LINKIDS代表のわたしは、仕事柄商材の撮影などで土日になると家族写真を撮りに出かけます。

    私の経験上家族写真を撮るようになって良い効果がいくつか発見できたのでそれを記載したいと思います。

    IMG_7632

    夫が家族写真を撮ると良い1つ目の効果

    夫婦で共通の目的を持って出かけるので、夫婦間での共通の会話が格段に増加します。

    安達家は特に会話が無いような夫婦ではないのですが、「家族写真を撮るぞ!」と決めて外出するので、「こういう取り方のほうが可愛いのでは?」、「こんな洋服が可愛いよねー」みたいな会話が多く発生します。

    IMG_7973

    夫が家族写真を撮ると良い2つ目の効果

    子供をファインダー越しに集中してみることができ、成長を実感できる。

    普段子どもを見ていないわけではないのですが、ファインダー越しに「撮影をする!」という意識で子どもを見ると子どもの新しい表情や行動を発見することができます。

    特に我が家の娘は2歳半なので、日々成長しています。毎週撮影に出て我が子の表情や仕草を観察すると様々な成長を実感することができます。

    IMG_7687

    夫が家族写真を撮ると良い3つ目の効果

    なにより一番は家族の写真が定期的にまた膨大に増えていくこと。これらを家族(おじいちゃん、おばあちゃんなども含めて)共有することで定期的に家族間でのコミュニケーションが生まれます。

    また莫大に増える家族写真を我が家では、2つのサービスを活用して写真をストック&共有しています。一つ目はGooglePhotosこれは、撮った写真を全て格納しています。

    もう一つは弊社のサービスLINKIDS。これは、選んだ写真の中から秀逸なものを選択してアップしています。
    本サービスの良いところは、一度つながれば自動的共有するのでとっても簡単です。

    皆様もぜひ一度家族写真を家族と協力して撮りに出かけてみてはいかがでしょうか?

    1


    アプリケーション

    LINKIDS-子供を通して家族を繋ぐ
    LINKIDS(リンキッズ)は子供を通して家族を繋ぐアプリやサービスを提供します。写真、動画、子供の成長記録を驚くほど簡単に共有するサービスです。また、共有した写真はキャンパスパネルやフォトフレームにして購入可能です。
    MagicFinger learning ABCs
    親子で楽しく遊びながら英語を学ぼう!「MagicFinger ABC」は、英語に興味を持ってもらうための幼児向け英語習得導入アプリです。幼児期の英語耳に!